包茎は亀頭の刺激に弱く早漏でにおいもするため敬遠

早漏で悩まれている男性も多いでしょうが、その主な要因の一つとして、包茎が挙げられます。日本人の多くは仮性包茎気味であることはよく知られていますが、普段からできるだけ包皮を剥いて清潔にしておくことが重要であると申せましょう。包茎の場合、亀頭がどうしても包皮で覆われている状態になりがちですから、湿気がたまりやすく雑菌も繁殖してしまいます。それが独特のにおいとなりますし、亀頭への刺激が普段からあまり与えられないために亀頭が敏感になってしまい、結果早漏となってしまう場合も決して少なくありません。早漏は女性に性的満足を与えられません。そればかりか、包茎によるにおいに嫌悪感を抱かれることもあります。早漏は刺激によるものよりも、主たる要因は脳内物質にあることが知られ、反感神経に働きかける薬剤の投与で治療する方法もとられますが、それはあくまでも一つの方策であり、亀頭が敏感になっていることで早漏に陥ることも決して誤った認識ではないと申せます。早漏も、包茎も心理的に弱いとされている男性の性に対する自信喪失にもつながることですし、特に包茎のにおいは相手の女性に敬遠される場合も多々あります。それがさらに自信喪失に拍車をかけることになり、場合によっては性的不能に陥ることもあり得ますので、注意が必要です。自信をもって性交渉するためには、早漏や百害あって一利無し、とも言える包茎を改善することが大切です。仮性包茎もそうですが、何より亀頭が常に包皮に覆われてしまっている真性包茎や、包皮が亀頭をしめつけてしまうかんとん包茎などは専門医に相談することが必要です。早漏やにおいの原因となる包茎を改善することが自信への一歩と申せましょう。