コレステロールを減らして精力増進すれば早漏も改善

早漏対策には、精力増進が欠かせません。精力剤には男性ホルモンを補うタイプと、血行を良くして勃起力を高めるタイプがあります。男性ホルモンを増やせば、適切な精力と勃起力を得ることができ、射精までの時間が延長されます。また勃起力が高まると亀頭部分がより硬くなるので、刺激に対する抵抗も強まります。精力剤を使えば早漏を改善するきっかけにはなりますが、食生活を変えなければ大きな効果を発揮できません。精力増進につながるのは、コレステロールを摂りすぎないことです。精子はコレステロールから生成されるので、全く必要のない物質ではありません。しかしコレステロールの過剰摂取は、血糖値を高めたり動脈硬化などの生活習慣病の原因になります。神経や血管の障害は正常な勃起を促さないので、早漏になってしまいます。健康診断でコレステロール値が高いと言われた人は、食生活を改善することで早漏対策ができます。イワシやサンマ、サバなどの青魚は、良質なタンパク質を摂取しながら悪玉コレステロールを減らすことができます。これらにはEPAとDHAが豊富に含まれており、EPAは脂質異常症の治療薬にも配合される成分です。オリーブオイルに含まれるオレイン酸も善玉コレステロールは減らさずに悪玉だけに対応します。摂取目安は1日大さじ1杯~1.5杯なので摂取しやすいです。オリーブオイルは酸化しにくいのでよく利用されますが、150度以上で加熱すると中性脂肪を増やす過酸化物質やトランス脂肪酸を作るので、揚げ物には適していません。イカやタコなどの魚介類も精力増進に効果的です。タウリンという成分がコレステロールを排出する胆汁酸を作るのを促進します。水に溶けやすい成分なので、煮汁ごと飲める料理がおすすめです。